意欲を高める職場
世界25カ国に拠点を置き、6,200人以上の社員を抱える国際的なネットワーク
意欲を高める職場
世界25カ国に拠点を置き、6,200人以上の社員を抱える国際的なネットワーク
意欲を高める職場
世界25カ国に拠点を置き、6,200人以上の社員を抱える国際的なネットワーク
意欲を高める職場
世界25カ国に拠点を置き、6,200人以上の社員を抱える国際的なネットワーク
意欲を高める職場
世界25カ国に拠点を置き、6,200人以上の社員を抱える国際的なネットワーク

ARaymond Networkで、私たちと一緒に働きませんか?

私たちは、人の価値を創造します

 

私たちは、人の価値は、業務を通して創り出されるものだと信じます。そのため、その理念をビジネスの中心に置いて活動をしています。私たちはこれを単なる、きれいな言葉を並べただけの、企業の理想をうたったスピーチではなく「私たち独自の企業文化」として、実際の活動において実現しようとしています。

私たちは、このような基本理念を土台にして、毎日の活動を行っています: それは、お互いに敬意を払うこと、自分自身が楽しんで取り組むこと、企業家としての精神を持ち続けること、イノベーション(革新)し続けること、仲間と共に何かを達成すること、そして、今までにない価値を創り出すことです。

 「社員ひとりひとりが、自らの意志をもって参加することが、最も重要なのです。私たちは、150年の歴史の中で、これを実践することによって成功し、改新を推し進めてきました。」Antoine Raymond, CEO

お互いに敬意を払うこと

「これはすべて、他者の意見に耳を傾けること、すすんで話を聞くことから始まります。同僚やパートナーがどう思うのか、どう考えるのかを真剣に聞くことから、初めて、価値のある共同作業への第一歩が踏み出せるようになるのです。

当然、これには、「意識して聞く」ということが大変重要になります。私たちは、全ての人に対して誠意と責任をもって、公平な態度で接しなければなりません。私たちはこの課題に、常に真剣に取り組んでいます。

自分自身が楽しんで取り組むこと

私たちは、すべての活動を行うにあたって、自分自身が楽しみながら、それに取り組むことを推奨しています。そのようにして、革新的なアイデアを創り出し、付加価値を生み出し、仲間と共に取り組み、新しい世界を切り開いて行くのです。まずは楽しんで向き合うことからスタートし、そこから物事をより深く理解してゆきます: 自分が何かについて「これは重要なんだ」と認識しながら力を注ぐことで、よりシンプルに、意義の深い結果をもたらすことができます。

更に、「仕事を楽しむ」ことは、私たちがより良い毎日を過ごすために、とても重要な課題でもあります。ARaymondは、それが個人レベルの問題ではなく、人と企業が、信頼とサポートを通じて築いていくべきものであると信じています。

起業家としての精神を持ち続けること

私たちは、ビジネスにおいて、絶えることのない探究心を持って取り組んでいます。私たちは日々、Networkを発展させるため、リスクを恐れずに、冒険し続けなければなりません。そのために、自らの力で物事を考え、より革新的な製品が開発できるよう、Networkのメンバーをサポートしています。

そして、「他者とは異なる」という点で成功するためには、優れた発想を生み出すだけでなく、それを提案していくことが、大変重要になります。私たちは常に、モチベーション(意欲)と地域毎のエンパワーメント(権限の付与)について重きを置き、自由への道を切り開いていきます。

イノベーション(革新)し続けること

イノベーションをし続けるためには、当たり前だと思われていることや、すでに出来上がっている概念に対して、常に疑問を持ち、そこから新しく、ユニークな考えを生み出し続けるより他に、よい方法はありません。それこそが、私たちが行うべきことです。

先進技術、インテリジェント(高知能)製品、新しいプロセス、未知の市場: 私たちは、ARaymond Networkを創り出した先人たちの開拓者精神を受け継いで、常に前へと進み続けます。

仲間と共に何かを達成すること

グローバル化の進む現代において、私たちは様々な課題に直面しますが、そこで孤立を選ぶことは得策ではありません。私たちは、互いに力を合わせれば、より多くの課題を成し遂げることができる、と堅く信じています。現に日々、Networkの中で、国の枠を超えた新しい解決策が生み出されています。それには、団結力や信頼関係、共感する力が重要な鍵となります。共に考えることが、お互いを成長させ、よりよい職場環境を作ることにもつながるのです。

価値を創り出すこと

私たちは、イノベーション(革新)と改良をモットーにしています。そのために、私たちは、価値を創り出すということに対して、特別な注意を払います。顧客の満足を得るために、誰もが納得するような付加価値を提案し、そのための新しい技術や能力を開発し、期待を上回るような製品を創り出さなければなりません。創造への探求は、果てしなく続きます。

 

私たちの取り組み       

働くための環境

私たちが働く環境に、よりよい意味を持たせるには、どうしたらよいのでしょう。それには、まず、私たちが、その中心にいるべきなのではないでしょうか。私たちは、働きやすさが私たちの価値の中心となるべきだ、と常に信じてきました。ARaymond Networkは、従業員がそれぞれに違った個性を尊重しあい、楽しみながら業務を行い、共に目標を成し遂げることができる企業としての枠組みを提供します。

サーバントリーダーシップ(相手に奉仕し、導いてゆくリーダー)

私たちは、これからのリーダーシップについても、考え方を塗り替えていくことが重要だと確信しています。それには、経営管理が、より協働的に、人を中心に置いた方法で進めていく必要があります。

このような取り組みでは、明らかに、意識的に、状況を見極める力が求められます。私たちは、「サーバントリーダーシップ」というアプローチを選びました。これは、リーダーがチームに奉仕することで、従業員の活動をサポートし、ひいては業務の効率を向上させる、という方法です。リーダーが従業員の意向に耳を傾け、その才能を刺激し、サポートすることが、結果的にチームの連携を強化し、活性化させ、より革新的な製品を生み出す、一番よい方法なのです。

多文化の中で共生する

25か国、13の言語、6つの市場、そして4つの大陸。まさに、それを駆使して行われる、日々の私たちの業務が「文化的な多様性」そのものと言えます。Networkでは、実にたくさんチームが、多様な背景を持って存在しています。私たちは、それらのチームの交流を促進するため、いろいろな会議やワークショップ、講習会などを頻繁に開催しています。

最初は、「ひとつの家族」から始まった家族経営のNetworkが、今や、その多文化的な要素を最大限に活かし、世界中に大きな家族を持つようになりました!

女性と男性 が共に働くということ

世界中で成長し続けてきたARaymond Networkは、過去40年間で、従業員数を5倍に増加させることができました。 そこには常に、「互いに敬意を払い」、「共に働く」という事に対する、強い信念があり続けたからです。

私たちは、人として支え合うとともに、企業として成長していくための責任をも遂行しなければなりません。私たちのNetworkでは、これまでに培ってきた知識や専門技術を確実に次世代へと継承するため、男女を問わず、一人ひとりが、誠実さをもって取り組んでいます。

企業としての社会的責任

私たちは常に、企業としての成功はもちろんのこと、社会的な責任にも注意を払わなければなりません。 そのため、私たちは近年、グローバルおよびローカルレベルで、私たちが持つ、社会的な責任、環境面での責任、そして安全性に関わる責任について、方向性を統一してきました。

私たちのNetworkで取り組まれている活動の例をあげると、まず、「サーバントリーダーシップ」によるマネジメントのアプローチを採用していることがあります。また、世界中に存在するNetworkの全ての建築物に対して、Leed認証を取得しています。さらに、国連が提唱する「国連グローバルコンタクト」への加盟も行っています。これは、企業を中心とした様々な団体が、責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りです。

国レベルでの取り組みとしては、地域毎の優先事項やニーズに応えるために、様々な窓口が活動を行っています: インドとブラジルでは、家族とコミュニティに焦点を当てた計画を運営したり、フランスでは、男女共同参画や、多様性および包括性プログラムに重点を置いています。